読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たい!聞きたい!言いたい!

いろいろなことを見たい。いろいろな人からいろいろなことを聞きたい。そして、いろいろなことを言いたい。

続続・「働く」ということ。

有難いことに日本は完全な学歴社会ではないです。

・大学が多すぎて、大学のレベルがピンキリ。
また卒業が容易な大学も少なくないので、
大学は選ばず、「大卒」という肩書きだけ欲しいのであれば、
お金さえあれば比較的容易に取得出来る。
つまり、「大卒」という肩書きだけでは
本人の素質を企業側は見抜きづらい。
・高卒や専門学校卒、大学中退でも
社会的に成功している人が多くいる。

などの理由から、大手企業でも中途採用に対して
門戸は開かれていることが少なくないです。
もちろん新卒の段階で
高学歴でかつ潜在的に高スペックであれば
生え抜き社員として働けるので時間の無駄がないうえに
待遇も良いです。
そして、ヘッドハンティングは別として、
中途採用は会社側から評価されるまでに時間がかかりますし、
年齢の割にスタート給与が低い場合があります。
メリットとデメリットはあります。
それでも働きたいと思えば、本人の努力次第で
働きたい場所で働ける可能性は充分あります。

新卒以外ほとんど採用しない企業もありますが、
全国的に見ても唯一無二な業務をやっていることは少なく、
その企業でなくとも、
近い内容の業務を行なっている会社は他にもあるはずです。
(もちろん全ての企業には当てはまりませんが。公務員など。)

また、大企業は高待遇の可能性が高いですが、
大企業だからこそ各所調整が必要で動きが鈍いこともあり、
それに比べ中小企業やベンチャー企業は良くも悪くも変革が早く、
「やりたい」を実現するまでのスピードが速い可能性が高いという、
やりがいや成長の違いもあります。

だから、奨学金制度を利用してまで大学進学したい方が
思っている以上に多いことが不思議です。
どうしても大学進学しないと研究できない、
例えば何かしらの研究職を目指しているのであれば理解出来ます。
数学オリンピックだったり、W杯クラスのスポーツなど、
世界規模の大会の受賞者であれば理解出来ます。

しかし、
「大卒という学歴が欲しい」
「社会でやりたいことを探すために大学に進学したい」
という理由などであれば、
むしろ社会で働いて経験やスキルを積んだ方が
好きなこと・やりたいことに近づける可能性がありますし、
最悪、中途半端な結果で卒業してしまう可能性もあり、
無理をしてまで大学進学することには疑問です。

そして、それでも奨学金制度を利用して
大学進学したいのであれば、
学年トップで卒業するぐらいの強い意志と、
奨学金制度を無駄遣いで終わらせない覚悟を持つべきだと思います。