読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たい!聞きたい!言いたい!

いろいろなことを見たい。いろいろな人からいろいろなことを聞きたい。そして、いろいろなことを言いたい。

続・「働く」ということ。

フリーランスではなく会社で働いており、
給与を昇給させたい場合。
個人的には「責任感」が大事だと思います。

与えられた仕事が納得いかなくても仕事は仕事。
給与の対価として仕事をすることは義務です。
義務を果たさなければ、
その会社の社員ではありません。
ですので、しばらく働いても
やりがいはもちろん、
スキル取得などのメリットを感じず
苦痛しか感じない業務内容であれば
極論、潔く辞めるべきだと思います。
どちらが正しい、どちらが間違っているのでなく、
「合わない」というだけ。
本人にとっても会社にとっても
合わないのに無理して過ごしても
時間の多くがお互いに無駄。
有難いことに日本は完全な学歴社会ではないので
100%では無いにしろ、
自分により合う会社は見つかります。
(ただ、あまりに転職すると
諦めグセや辞めグセがつくので転職選びは慎重に。)

話は逸れましたが、
給与に見合う仕事をするのは当然。
そして、そこにどの程度「責任感」を上乗せ出来るか。
仕事に責任を持てば、
「案件のゴールを見据えた仕事」を意識出来るし、
「社内はもちろん社外(客含む)の未来」を意識出来るし、
「社内での将来の自分」を意識出来る。

そこから初めて、昇給の権利が与えられると思います。
義務と責任を果たしてこそ権利を主張出来ます。