見たい!聞きたい!言いたい!

いろいろなことを見たい。いろいろな人からいろいろなことを聞きたい。そして、いろいろなことを言いたい。

高校進学のススメ

藤井聡太四段が高校へ進学するか悩んでいるというネット記事を見ました。

本人に将棋界で一生やっていくという強い意志があるのであれば

高校進学をしないという選択肢も悪くないと思います。

ただ、もしも私が彼の母親だったら、高校進学して欲しいと思うでしょう。

 

本人に高い学習能力があるうえに保護者など周りから勉学に関する支援があったり、

もしくは集団生活にどうしても馴染めなかったり、

または何等かの家庭の事情があるなど、

高校に進学しないという選択もあるでしょう。

もちろんそのことは否定しません。

高校に行かなかったからといって幸せになれないわけではないから。

実際、中卒でも社会的に成功している人はいます。

ただ、高校に進学することが可能であれば、進学した方が良いと思っています。

 

「学校で習うことは世の中に出た時に役に立たない」とよく言います。

確かに教科書に載っていたことは多くの人にとって

社会に出てからあまり役にたたないことが多いでしょう。

しかし、学校で習うことは勉強だけではありません。

中学校以上に「学校」「クラス」という閉ざされた世界は広がり、

更なるコミュニケーション能力を求められたり、

更なる自己の劣等感との闘いがあります。

 

また、勉強からも学んでいることはあります。

「知識を得る」ということを通して

「考える力」「忍耐力」を鍛えていると思っています。

暗記するにも効率的な暗記方法が必要ですし、

また公式を覚えてもどう使うか発想力が必要でしょう。

中学とは比にならない努力が必要です。

そして、その学習行為を続けるという忍耐力が鍛えられます。

 

高校生活で学ぶ社会性は決して小さくなく、

大げさにいえば社会という荒波に出るための準備運動の一つです。

 

高校進学せずとも得られる社会性も否定はしません。

ただ、高校で得られる社会性は効率的だと思っています。

高校に進学できるチャンスがあり、集団行動に拒否反応がなければ

高校に進学することを勧めます。