読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たい!聞きたい!言いたい!

いろいろなことを見たい。いろいろな人からいろいろなことを聞きたい。そして、いろいろなことを言いたい。

不倫は本能である

地球上の他の動物と比べ、人間が進化してきた理由の一つに、

「社会性」があると思います。

個々の欲望を一律の秩序で統制し、協力することで

「地球は自分たちのもの」と錯覚するほどの繁栄を手にしているのでしょう。

 

ただ、それでも人間は動物です。

法律で一夫一婦制だと分かりつつも、

妻以外の女性と肉体関係をもつことを不倫といいますが、

不倫をする根本的な理由は「本能」じゃないかと思っています。

 

多くの人間は他の動物と同じく、

「子孫繁栄」を遺伝子レベルで課されています。

男性はより多くの女性と子供を作りたいし、

女性はより優秀な男性の子供を作りたい。

どちらも本能だと思います。

ですので、男性有名人の不倫報道を見かけると

「本能に動かされたんだなぁ」と思ってしまいます。

女性は優秀な遺伝子を残したいと男性に寄っていくでしょうし、

男性も周りに女性が集まってくれば気持ちが動くこともあるでしょう。

しかし、法律という一定のルールをつくることで、

個々の感情を一定に保ち、理性で物事を進めることで

社会を築いてきた人間社会にとって不倫はタブーだと思います。

 

ただ、昨今の日本は少子化と言われてもうずいぶん経ちます。

多くの人が結婚し子供をつくりたいでしょうが、

結婚相手との出会いだったり経済的な問題で難しいこともあるでしょう。

そのため、少子化対策として、

一部の人間(男性)のみ一夫多妻制でも良いのではないかと思っています。

もちろん「安定した年収(数千万以上)がある」

「年収によって世帯制限がある」

「子供が成人するまで居住地域の制限」

など一定のルールを設ける必要がありますが、

「経済的に余裕がある」ということは

「人間社会を生き抜いていく何か優秀な才能を持っている」ということであり、

女性も本能で優秀な遺伝子を見極めるといわれていますので

結婚相手をみつけることは比較的容易でしょう。

今後も日本が繁栄していくうえにも効率的ではないでしょうか。

広告を非表示にする