読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見たい!聞きたい!言いたい!

いろいろなことを見たい。いろいろな人からいろいろなことを聞きたい。そして、いろいろなことを言いたい。

地球は誰のもの?

私は田舎育ちです。

田植えの準備(という名の遊び)や稲刈り(という名の遊び)を手伝っていましたし、

祖父が所有している山にタケノコ掘りにも行っていましたし、

遠足も野イチゴ摘みで山の中を歩き回っていました。

山の中で迷子になるかもしれないという恐怖も味わいましたので

その経験から自然の怖さを多少なりとも分かっているつもりです。

だから、人間が自然を把握し利用しようなんて烏滸がましいとも思いますし、

地球すべてがまるで人間のもののように扱うのは勘違いだとも思います。

あくまでも人間は地球の中で間借りしているという認識です。

 

インフラの整備や商品等の輸送など、

自然の中で仕事をしていた場合は仕方ないのですが、

遊びで気軽に自然に踏み込んで事故に遭うのは

自然を軽んじているように思えて仕方ありません。

もちろん、自然でなくとも、

人間は一度痛い目に遭わないと怖さが分からないということも分かります。

ですから、救助を実費請求するなどのペナルティを

設定すべきだと思います。

 

それでも山や海に行きたい。自然に挑戦したい。

その気持ちを否定はしません。自由です。

ただ、自然の中で死ぬこともあるという覚悟は持ってほしいですし、

むしろ「山や海で死ぬことが本望」ぐらいに思っていなければ、

自然や地球に対して失礼です。

多くの動物は、遊びではなく、

地球という中の自然と闘い共存しながら生きているのですから。

 

そして、人間が生活をしていない山や海にあえて入っていくのであれば、

自然を汚してほしくないです。

人間はあくまでも地球の中で間借りしているだけなのですから

自然を汚せば、必ずどこかでしっぺ返しがきます。

地球は人間のものではないです。

広告を非表示にする